beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

静岡ユースはMF柴が特長を発揮。決勝点も決め、「自信が持てた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半3分、静岡ユースMF柴康大(16番)が決勝ゴール

[9.22 SBSカップドリームユース3位決定戦 U-16日本代表1-2 静岡ユース 草薙陸]
 
「自信が持てたというのが大きくて、元々こういう大会とか出れなかったので良い経験になったと思います」。静岡ユースのMF柴康大(常葉大橘高)は2-1で勝利したU-16日本代表戦後、自信を深めていた。

 スーパープリンスリーグ東海に所属する常葉大橘高では今年の新人戦で県4強に入るなど上位に食い込んでいるが、大舞台を経験することができていない。だが、「自分の強み、特長を出せ」と静岡ユース・増田裕監督に送り出されたこの日は自分のストロングポイントを発揮。シュートレンジの広いMFは積極的にミドルシュートを狙い、2つのゴールに絡む活躍を見せた。

 前半3分、右中間でボールを持った柴は「どんどんボールに関わりながら展開していこうという意識で、あそこでちょうど逆サイドの(熊取谷)一星が見えたので」斜めのパスを配球。相手の背後を突いた熊取谷がPKを獲得し、先制点に繋がった。

 さらに柴は後半3分、左SB田邉秀斗(静岡学園高)のクロスからヘディングシュートをゴール左へ決めた。「後半は決めてやろうという気持ちでいたんですけれども、秀斗から良いボールが上がってきたのでヘディングで決めるだけでした」と柴。チームとして取り組んできたクロスからのシュート練習を“静岡ユースラストゲーム”でゴールへ結びつけた。

 静岡ユースは今年、県内の高体連チームとJFAアカデミー福島U18、沼津U18の選手たちで構成。県選抜のチームメート、また年代別日本代表から刺激を受けた柴は今後の飛躍を誓う。

「自分のどこが足りていなくて、どこがみんなよりもできるのか、そういうことを考えながら練習を日々やって、選手権を目指しながらプリンス(スーパープリンスリーグ東海)も頑張っていきたい」。今大会で得た自信と経験を活かし、次はチームを大舞台へと導く。

(取材・文 吉田太郎)

TOP