beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

思いぶつけ続けるMF高橋隆大。「代表の中で誰にも負けていない」ドリブルなど駆使してU-16代表で台頭中

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-16日本代表MF高橋隆大(静岡学園高)が右足シュートを打ち込む

[9.22 SBSカップドリームユース3位決定戦 U-16日本代表1-2 静岡ユース 草薙陸]
 
 今年7月に年代別日本代表候補初選出を果たしたアタッカーが、着実にU-16日本代表の中で存在感を増している。MF高橋隆大(静岡学園高)はSBSカップドリームユースサッカーの2試合に出場。交代出場した初戦は他の選手が清水ユースの素早いプレッシャーに苦しむ中、積極的にボールを引き出し、ドリブル突破やコンビネーションでの崩しにチャレンジしていた。

 そして、FWとして先発した静岡ユースとの3位決定戦でも序盤、ドリブルで持ち込んで右足を振り抜くシーンがあった。ゴールへの意欲を表現していたが、チームは前半20分に退場者を出して数的不利に。中盤へポジションを下げた高橋はそこでボールの収まりどころになっていたものの、低い位置からのドリブルが阻止されるなど強みを十分に発揮することができなかった。

 高橋は「退場出てから自分も落ち気味で、なかなか攻撃参加する時間がなかったので、自分の良さがあまり出せなかったと思います。ゴール前の仕事とかそれが一番の仕事だと思っている、それが出せなかったと思います。もっと1対1や前でボールを奪う回数を増やして行ければ良かったと思います」と悔しがった。

 ただし、彼がU-16日本代表でその存在を確立しているのは間違いないだろう。初招集された千葉合宿からアピールの連続。今大会も多くの出場時間を得てチームの突破口となっていた。

「前よりは自分がチームを動かすというか、勝たせるみたいな。自分が雰囲気を変えるというつもりではずっとやっていますので、人とは違う、その辺を出せれば良いと思っています」。G大阪ジュニアユースに所属した中学時代、チームメートのFW南野遥海(G大阪ユース)らが代表チームに招集される中、自分が選ばれていなかったことは今もエネルギーになっている。

「選ばれていなかった分、『ここでやってやろう』という気持ちはあるので、ドリブルとかでは自分は代表の中で誰にも負けていないと思っていますし、それくらいの自信があるものなので、それを自分でどう活かして、引き出せるかということ考えて上げていかないといけないと感じました」

 課題もある。この日の後半は静岡学園高の先輩である静岡ユースSB田邉秀斗のスピードに振り切られるシーンがあった。登録157cmの小柄なMFは守備のポジショニングなどを向上させなければ、チームの中心選手になることはできない。来年初旬に行われる予定のAFC U-16選手権までに課題を改善し、強みをより表現する選手になること。静岡学園で貪欲に個を伸ばすことに取り組んで、U-16日本代表に戻ってくる。

(取材・文 吉田太郎)

TOP