beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ACL王者思わぬ形で連覇消滅…無念の失格処分

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年度のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で浦和レッズを決勝で下して優勝したアルヒラル(サウジアラビア)が、2連覇を目指して出場していた同大会を失格処分となった。チーム内に新型コロナウイルス感染者が多数確認され、試合に出場させる選手の確保が困難となったためで、23日にアジアサッカー連盟(AFC)が公式サイトで発表した。

 アルヒラルは23日にACL西地区の1次リーグのアルアハリ戦に臨む予定でいたが、15人が新型コロナウイルスに感染。11人しか登録できず、そのうちフィールドプレーヤーは8人だった。大会規定では試合開催には最低でも13人を確保する必要があり、アルヒラルはこの試合までに1次リーグ突破を決めていたが、今大会のすべての試合が無効となることで、失格が決定した。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2020特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP