beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イブラヒモビッチが新型コロナ陽性…開幕戦2ゴールも戦線離脱へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボローニャ戦ではDF冨安健洋とマッチアップしたFWズラタン・イブラヒモビッチ

 ミランは24日、FWズラタン・イブラヒモビッチから新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。今月21日の開幕節ボローニャ戦(○2-0)では早くも2ゴールを決め、白星スタートに大きく貢献していた。

 ミランは24日、ヨーロッパリーグ予選3回戦でノルウェーのボデ・グリムト戦を控える中、事前の検査で判明。イブラヒモビッチは今後2週間にわたって自主隔離を行うことになるとみられる。

 ミランは23日、開幕節で途中出場したDFレオ・ドゥアルチの陽性も発表。その時点では「他のメンバーはすべて陰性という検査結果が出ている」と伝えていたが、新たな検査でエースストライカーへの感染拡大が判明する事態となった。

●海外組ガイド
●セリエA2020-21特集

TOP