beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

松本が布啓一郎監督の解任を正式発表、柴田峡編成部部長が後任に

このエントリーをはてなブックマークに追加

 松本山雅FCは25日、布啓一郎監督を解任し、柴田峡編成部部長が監督に就任することを発表した。柴田新監督は25日のトレーニングから指揮を開始。また、羽田憲司コーチの解任と、松本U-18の西ヶ谷隆之監督のコーチ就任も合わせて発表されている。

 ザスパクサツ群馬の指揮官を務めていた布前監督は、今季から松本の監督に就任。しかし、松本は今季J2リーグで21試合を終えて6勝1分14敗の20位となっていた。クラブ公式サイトを通じ、「成績を上げることができずに、サポーターをはじめ、クラブをサポートしていただいている皆様にたいへん申し訳なく思います。これからは、外から松本山雅を応援させていただきます。短い間でしたが、ありがとうございました」と伝えている。

 また、柴田新監督は「今回の監督交代は、強く責任を感じています」とコメント。「クラブをサポートしてくれている皆様の思いに結果をお見せしないといけないのが我々のクラブです。次の試合まで大きなことを変えることはできませんが、選手たちが新たにチャレンジする気持ちやそれぞれの想いを1つにして、チームを良い方向に向かわせるように、力を合わせて頑張ってまいります」と意気込みを伝えている。

以下、柴田峡監督のプロフィール
●柴田峡
(しばた・けい)
■生年月日
1965年12月8日(54歳)
■監督経歴
東京ペレ八王子ジュニアユース-東京ガスFCジュニアユース-FC東京U-18-東京Vユース-松本U-15-ブリオベッカ浦安

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP