beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口&室屋コンビが開幕から連続先発もハノーファーは今季初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハノーファーは今季初黒星

[9.25 ブンデスリーガ2部第2節 オスナブリュック2-1ハノーファー]

 ブンデスリーガは25日に第2節を行い、日本代表MF原口元気とDF室屋成が所属するハノーファーはアウェーでオスナブリュックと対戦し、1-2で敗れた。原口と室屋は開幕から2試合連続で先発した。

 開幕勝利でスタートを切ったハノーファーは原口がトップ下、室屋が右サイドで今節も先発共演。しかし、前半33分にベネズエラ代表FWクリスティアン・サントスにPK弾を献上すると、後半立ち上がりにもサントスに2点目を許した。

 後半アディショナルタイム2分にMFドミニク・カイザーの右クロスをFWマーヴィン・ドゥクシュが押し込み1点差としたが、反撃は及ばず。室屋は後半28分までプレーし、原口はフル出場。ハノーファーは今季初黒星を喫した。

●ブンデスリーガ2020-21特集
●海外組ガイド

TOP