beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

遠藤航が逆転弾演出!シュツットガルトが1部復帰2戦目で今季初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.26 ブンデスリーガ第2節 マインツ1-3シュツットガルト]

 ブンデスリーガの第2節で、MF遠藤航の所属するシュツットガルトは敵地でマインツに3-1で逆転勝ちした。ボランチで先発した遠藤はフル出場だった。

 開幕戦でドイツ1部デビューを飾った遠藤航が、チームの中心としての存在感を見せている。前半13分に先制を許したシュツットガルトだったが、前半終了間際にFWサイラス・ワマンギトゥカが2試合連続ゴールを決めて同点。前半のうちに試合を振り出しに戻すと、後半16分、遠藤のスルーパスに反応したFWサーシャ・カライジッチが横パス。FWダニエル・ディダビが流し込んで、逆転に成功した。遠藤は開幕戦に続いて、パスで得点を演出した。

 後半32分に相手に退場者が出たことでより余裕を持って試合を進めることができたシュツットガルトは、35分にカウンターからMFマテオ・クリモビッツ、同41分にはカライジッチが加点。後半アディショナルタイムにはDFパスカル シュテンツェルがこの日2枚目のイエローカードで退場となったが、4-1でリードを守り抜き、ブンデスリーガ復帰後2戦目で今季初勝利を挙げた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP