beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宮市亮、グラウンドでの練習再開も復帰見通し立たず…ザンクト・パウリ監督「まだ考えられない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮市亮の復帰見通しはいまだ立たず

 ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリ宮市亮は、復帰時期は未だに見通しがつかないようだ。ドイツ紙『ビルト』がティモ・シュルツ監督のコメントを伝えている。

 昨シーズンは第28節ハイデンハイム戦まですべてのリーグ戦に出場していた宮市。しかし第29節のカールスルーエ戦をひざの問題で欠場すると、6月中旬の第31節以降の試合もすべて欠場。後に欠場は内転筋の痛みのためだったと伝えられ、離脱したままシーズンの終了を迎えていた。

 夏のオフの間もリハビリを続けていた同選手だが、新シーズンが開幕を迎えている現時点も復帰時期が不透明のようだ。シュルツ監督は、プレシーズンでは全体練習を部分的に再開し、紅白戦にも出場していたと伝えられる同選手について「この10日間はグラウンドで働き、色々試して、負荷を徐々に上げることを試みている」とコメント。ただ、「短期的に、全体練習は考えられない」と復帰はしばらく先になる見込みを示唆した。

 ザンクト・パウリは今季、DFBポカール1回戦で4部エルバーススベルク相手に敗退を喫し、リーグ戦開幕節ボーフム戦は2-2とドロー。右ウィンガーの復帰が待ち望まれるところだ。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP