beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

D・コスタが新加入スアレスに「1人は噛みつき、もう1人は殴る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWジエゴ・コスタがFWルイス・スアレスを称賛

 アトレティコ・マドリーのFWジエゴ・コスタが冗談を交え、新加入のFWルイス・スアレスを称賛した。スペイン『アス』が伝えている。

 スアレスは今夏にバルセロナから構想外を言い渡され、アトレティコに移籍。チームの今季初戦となった27日のラ・リーガ第3節グラナダ戦(○6-1)で3-0の後半26分に途中出場し、さっそく新天地デビューを果たした。

 すると後半27分、カウンターから裏へワンタッチパスを送り、MFマルコス・ジョレンテの追加点をアシスト。同40分には右サイドのジョレンテからのクロスを頭で押し込み、加入後初ゴールも記録する。さらに5-1で迎えた同アディショナルタイム4分、MFビトーロとのパス交換から放ったシュートのこぼれ球を自ら流し込み、とどめの6点目を奪取。2ゴール1アシストと、新チームで最高のスタートを切った。

 自身も前半9分に先制ゴールを挙げたD・コスタは、スペイン『モビスター・プルス』のインタビューでスアレスについて聞かれると「非常に素晴らしいね。1人は噛みつき、もう1人は殴る」とコメント。過去に起きたスアレスの“噛みつき事件”や自身の乱暴行為を引き合いに出し、ジョークを交えて称えている。

 続けて「ルイスを迎えられたのは私たちの幸運だ。どうしてバルサが彼を追い出してしまったのか理解できないね。彼はピッチ上でのゴール、ファイティングスピリット、タイトルを獲りたいという意欲によって、私たちを助けてくれるだろう」と期待を込めて語った。

 この試合でスアレスはD・コスタとの交代でピッチに入ったため、両者の共演はまだない。同時出場が実現すれば、野性味あふれるストライカー2人に相手も苦戦することになりそうだ。

 D・コスタは今後に向けて「願わくはファンにタイトルを捧げたい。でも、パルティード・ア・パルティード(一戦一戦の意。ディエゴ・シメオネ監督がよく使う言葉)だね」と意気込んでいる。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP