beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏MF戸嶋が全治4〜6か月…声明で横浜FM選手へのSNS中傷にも言及「残念です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏レイソルMF戸嶋祥郎

 柏レイソルは29日、MF戸嶋祥郎が左脛腓骨骨折で全治約4~6か月と診断されたと発表した。戸嶋は27日に行われたJ1第19節の横浜FM戦で。相手選手のスライディングタックルを受けて負傷。担架に乗せられて途中交代していた。

 戸嶋はクラブ公式サイトを通じて個人名義の声明を発表。負傷者のコメントが伝えられることは異例だが、負傷の場面が中継映像に映し出されていたことで大勢のサポーターから心配の声が寄せられていたことに加え、タックルをしかけた相手選手への批判や中傷がSNSなどで多数挙がっていたことを受けた配慮のようだ。

 戸嶋のコメントは以下のとおり

「ご心配をおかけして申し訳ありません。必ず復帰しますので安心してください。皆さまからの温かい声を耳にし、感謝の気持ちでいっぱいです。

交錯した相手選手からもご丁寧にご連絡をいただきました。ご自身もあのシーンで痛めてしまったようで、軽傷であることを願うばかりです。最後にまたピッチで闘うことを約束できました。

一方で、この件に関して耳が痛くなるような発言もあり、残念です。どうか、Jリーグ、サッカーに関わる方々が先駆けとなって、今以上に温かい声があふれ、お互いをリスペクトする想いに満ちていくことを願います。また、新型コロナウイルス感染症を乗り越え、今まで以上に熱気にあふれたスタジアムが戻ってくることも願っています。

少しでも早くピッチに立てるよう、今できることから努力していきます。次こそはレイソルの勝利に貢献できるよう、J1の舞台でゴールを決められるよう、さらに強くなって戻ってきます。
頑張ります!これからも柏レイソルへの応援をよろしくお願いします!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第19節2日目 スコア速報

TOP