beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

公表された理由は? リバプールMFチアゴが新型コロナ陽性&軽い症状も…リーグ全体では10名

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールがMFチアゴ・アルカンタラの陽性反応を発表

 リバプールは29日、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを発表した。現在は必要なガイドラインに従い、自己隔離を行っているという。

 チアゴは今夏に欧州王者のバイエルンから加入。20日のプレミアリーグ第2節チェルシー戦(○2-0)で新天地デビューを果たしたが、続く24日のカラバオ杯3回戦のリンカーン(3部)戦(○7-2)、28日の第3節アーセナル戦(○3-1)はベンチ外となっていた。

 クラブ公式サイトによると、チアゴは軽い症状を示しているが、健康状態は良好で回復に向かっているとのこと。「クラブは新型コロナウイルスに関連する全てのプロトコルに従っており、チアゴは必要な期間、自己隔離されたままになる」と説明している。

 プレミアリーグは前日28日、先週の21日から27日までの間に計1595名の選手とスタッフを対象とした検査を実施し、10名が陽性反応を示したと発表。10名の陽性者は10日間の自主隔離に入ることを報告していた。

 チアゴの名前が公表されたことに関し、チームドクターを務めるジム・モクソン氏は「新型コロナウイルスの検査結果を公表するかどうかは、それぞれの個人の選択となっている」と言及。「我々は全てのプロトコルに従っているし、チアゴは問題ない。今はガイドライン通りに隔離されているし、すぐに戻ってくることを期待しているよ」と続けた。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP