beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

差別発言のネイマールは制裁なし! 懲戒委員会の説明は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

制裁なしとなったFWネイマール

 フランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日、パリSGのFWネイマールマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスについて、制裁を科さないことを発表した。十分な証拠がないことを理由としている。

 両選手は合計5人が退場した9月13日のリーグアン第3節パリSG対マルセイユ(0-1)での言動が問題視されていた。ネイマールは終盤に起きた乱闘の中で、A・ゴンサレスの頭を叩いたとして一発退場。2試合の出場停止処分を受けていた。その一方で、試合中にA・ゴンサレスから人種差別発言を受けたと主張。A・ゴンサレスもネイマールから同性愛者を侮辱する発言を浴びせられたと訴え、一部報道ではネイマールが長期の出場停止処分を科される可能性も指摘されていた。

 今回の声明でLFPの懲戒委員会は「選手やクラブの代表者の話を聞いた結果、委員会はアルバロ・ゴンサレスが試合中にネイマールに対して差別的な発言をしたこと、またはネイマールがアルバロ・ゴンサレスに対して発言したことを立証するのに十分な証拠がないと判断した。その結果、委員会は制裁の根拠がないと判断する」と説明している。

 なお、ネイマールはマルセイユDF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と発言していたことが報じられ、29日にはスペイン『エル・ラルゲーロ』が同シーンの動画を公開していたが、LFPの声明でそれに関する言及はなかった。

●フランス・リーグアン2020-21特集
●海外組ガイド

TOP