beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

差別発言“お咎めなし”のネイマールが爆発! パリSGが6-1でアンジェ撃破&4連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWネイマールが2ゴールを記録

[10.2 リーグアン第6節 パリSG 6-1 アンジェ]

 フランス・リーグアン第6節が2日に開催された。パリSGはホームでアンジェと対戦し、6-1で大勝。FWネイマールは今季初得点を含む2ゴールを記録し、チームの4連勝に大きく貢献している。

 ネイマールは合計5人が退場した9月13日の第3節マルセイユ戦(●0-1)でマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったとして一発退場。その後の2試合を出場停止で欠場していたが、さらに同試合でA・ゴンサレスに同性愛者差別用語、DF酒井宏樹に人種差別発言を浴びせた疑いにより、長期の出場停止処分を受ける可能性が指摘されていた。しかし、フランス・プロリーグ機構(LFP)が9月30日、十分な証拠がなかったことを理由に制裁を科さないことを発表。ネイマールに対する人種差別発言の疑惑があったA・ゴンサレスとともに、お咎めなしとなっていた。

 ホームにアンジェを迎えたパリSGは前半7分、PA内右でこぼれ球を拾ったDFアレッサンドロ・フロレンツィが右足で鮮やかなシュートをゴール左に決め、先制に成功する。同36分にはFWキリアン・ムバッペがPA左脇で2人のマークを振りほどき、マイナスにパス。待っていたネイマールが左足で叩き込み、今季初得点を挙げた。

 そのまま2-0で折り返すと、後半2分にもネイマールがネットを揺らす。MFユリアン・ドラクスラーのパスからフロレンツィがクロスを送り、DFに当たったボールを右足で蹴り込んだ。同7分に1点を返されたパリSGだったが、勢いが衰えることなく相手ゴールに迫る。

 後半12分、左サイドからDFミチェル・バッカーが中央へ速いボールを入れ、右足で合わせたドラクスラーが4点目をゲット。同26分にはネイマールからパスを受けたMFイドリッサ・ゲイェが右足でミドルシュートを放ち、相手に当たってゴール左に吸い込まれる。さらに同39分、速攻からネイマールが左サイドに送ると、MFパブロ・サラビアが入れたグラウンダーのクロスからムバッペが右足で決め、とどめの6点目。パリSGは開幕2連敗から立て直し、これで4連勝となった。

●フランス・リーグアン2020-21特集

TOP