beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

代表不参加のFW岡崎慎司、胸中吐露「ただ一つ…何とも言えない気持ちです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷により代表不参加が決定したFW岡崎慎司

 ウエスカに所属するFW岡崎慎司は4日、自身のインスタグラム(@shinjiokazaki_official)を更新。負傷をしたことで日本代表のオランダ遠征から外れた胸中を明かしている。

 岡崎は3日のラ・リーガ第5節・エルチェ戦(△0-0)に先発出場。しかし前半40分に左太もも裏を負傷し、そのまま途中交代となっていた。今月1日には、昨夏のコパ・アメリカ以来となる日本代表メンバーに選出。「久しぶりに代表でプレーできる喜びを、プレーと結果で証明したいと思います」と意気込みも伝えていたところで無念の不参加となった。

 岡崎は自身のインスタグラムを更新。「1部でやれるからとテンション上がりっぱなしの5試合で少し自分のケアが足りなかったかな」と負傷の原因を語り、「けど今のプレースタイルを維持するためにも原因を突き止めて強化するチャンスやと思うからしっかり治します」と前向きに捉えている。

 代表不参加については「日本代表として今回はプレー出来ないのは残念ですが、僕の中では招集された事が自信」と落胆を見せず、「ただ怪我をしたのもあるけど、5試合で0得点で、チームも勝ちなし。まだチームでの結果は足りないし、まず怪我を治して結果を出して改めて代表に呼ばれるように頑張ります」と次の招集に気持ちを切り替えていた。

 ただ、気にかかることもあったようだ。「ただ一つ今回の代表選出にはウエスカの選手がめちゃ喜んでくれてたのには僕も初めて代表に選ばれた事を思い出したし、昨日はみんなもガッカリしてくれて、それがなんか自分の中で何とも言えない気持ちです」とチームメートの気持ちを思う岡崎。「とりあえず気合いで治します。勝ててないけど、しっかり土台は出来てると思うので、再開後にまたチームの勝利に貢献出来るよう頑張ります」と再起を誓っている。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP