beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

逃さない男…決勝弾の名古屋FW金崎「仕留める準備をするだけだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋グランパスFW金崎夢生

[10.4 J1リーグ第20節 浦和 0-1 名古屋 埼玉]

 少ないチャンスだったのかもしれない。しかし、巡ってきたチャンスをきっちりと得点へと結び付けた。名古屋グランパスFW金崎夢生は、この試合唯一の得点を奪い、チームに2試合ぶり、そしてアウェー戦では5試合ぶりの勝利をもたらした。

 序盤はゴールに迫る場面を作ったものの、徐々に浦和にペースを握られていく。しかし、前半10分に訪れた危機をGKランゲラックの好セーブでしのぐと、その後は集中した守備で決定機を簡単には創出させなかった。

 自身が良い形でボールを受ける場面は少なかった。そして、浦和にボールを保持される展開も、「ああいう時間帯は90分の中にある。皆で我慢して、流れがきたときにしっかり仕留められるように準備するだけだった」と守備に奮闘しながら、いつしか訪れる得点機会を逃さないようにしていた。

 そして、その時はやってくる。0-0で迎えた後半9分。左サイドで受けたMFマテウスが独力で突破してボールを運ぶ。PA外にポジションをとっていた金崎は、FW前田直輝の動きに釣られた浦和守備陣が空けたPA内のスペースへと走り込む。

 完全なるフリー。マテウスから送られたクロスをヘディングで押し込み、決勝点となるゴールを奪った。好機は逃さない。「少ないチャンスをしっかりモノにしてアウェーで勝てて良かった」と語ると、「また次の試合が大事になってくるので、しっかり準備をしたい」と次戦へと視線を向けた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP