beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

良い練習、良い成長で4人がJ内定。昌平高の現3年生は互いに刺激し合いながら進化、活躍を続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学進学組含めて昌平高の現3年生は成長続ける。左から鹿島内定MF小川優介、新潟内定FW小見洋太、鹿島内定MF須藤直輝、福島内定MF柴圭汰

 昌平の現3年生から4人目となるJ内定選手誕生だ。5日、昌平高MF柴圭汰(3年)の福島ユナイテッドFC加入内定が発表された。これで昌平高の現3年生のJクラブ加入内定は、いずれも鹿島内定のMF須藤直輝(3年)とMF小川優介(3年)、新潟内定のFW小見洋太(3年)に続き、4人目。昨年度の全国高校選手権で先発として同校初の8強入りに貢献した4人が、全てプロの道へ進むことになった。

 先にプロ入りを決めていた3人に続く形で内定を勝ち取った柴は、「アイツら3人をいつか追い越せるように挑戦していきたい」と意気込んでいる。須藤、小川、小見の3人はプロの世界で負けたくないライバルだ。

「凄い良い刺激になるでしょうし、お互いの活躍も見れるだろうし、意識し合う。自分は特に(現在ボランチでコンビを組む小川)優介を意識しているんですけれども、負けないように、追い越せるように、プロでも頑張って行きたいと思っています」と力を込めた。

 また、小川は「(須藤、小見、柴は)プロ行って当然の3人だと思っていたので、まさか自分が行けるとは思っていなかったんですけれども、本当に良い刺激にはなりますね。負けたくないです。絶対に他の3人は試合にも出ると思うし、ずっと強い気持ちで行けたら良いと思います」と語り、小見は「去年からこの4人はずっと試合に出ていますし、お互い意識し合っている。正直、2年の頃はみんな大学に行くと(微笑)。結局、4人ともプロに行けるのは心強いですし、これからも意識し合うと思います。(須藤と小川はJ1だが)自分なりのペースで一つ一つ結果を残して、絶対に追い抜いてやろうと思っています」と気合十分だ。

 そして、現3年生の中でいち早く昌平で活躍してきた須藤は、大学進学組や下級生含めてチーム内で良い練習、競争が出来た成果であることを強調する。「凄く嬉しいというのがあるし、プロが出るのが全てではないと思うんですけれども、プロに行く選手がいるというのは良い練習ができていて、良い成長をしているからだと思うので、素直に嬉しいし、そういうところが繋がっていると思います」と頷く。

 そして、「多分、洋太とかが出ていて自分が出ていなかったら悔しいと思いますし、プロになってそういう刺激があるのは凄いことだと思うので、プラスに捉えて、でも負けないようにやって行きたいと思っています」とライバルに負けない活躍をすることを誓っていた。

 昌平の現3年生は、高校生活の残り数か月間で可能な限り成長を遂げて、プロや大学のステージへ進むつもりでいる。柴は「これから厳しい世界が待っているので、一喜一憂せずに、残りプロに行くまでにあまり時間がないんですけれども、もっと自分としても成長して、周りの(プロ入りする)3人だけでなく、他の人からも吸収できることがあればどんどん吸収してプロに行けたら良いなと思っています」と力を込めた。

 選手権で昨年度成し遂げられなかった日本一を勝ち取ることも目標だ。柴は前回大会準々決勝で青森山田高に1-2で惜敗したことで得た教訓があるという。「フィジカルの差を感じられたので、最低限のフィジカルも必要とやってきました。この(9か月の)期間で凄くフィジカルトレーニング、筋トレを結構重点的にやったんですけれども、技術だけでなくてフィジカルのところも鍛えられて、上手く体を入れられるようになった」。強みである技術面や切り替えの速さに加え、足りなかったものを埋めてきた昌平の目標は「全国制覇」。注目世代の昌平は埼玉県予選で勝ち上がりながら成長し、より個人、チームとして力をつけて日本一に再チャレンジする。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2020
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP