beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2020年日本代表初陣、昨年までと左右CBを入れ替えた理由を吉田麻也が説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.9 国際親善試合 日本0-0カメルーン ユトレヒト]

 日本代表の2020年初陣はスコアレスドローに終わった。前後半で4バックから3バックに変更するなど、対策を打ったが、最後まで得点を奪うことは出来なかった。

 しかし主将DF吉田麻也は「とても意義のある試合だった」と振り返る。「3バックに関してはずっと監督もやりたいと言っていて準備はしていた。良かった点もあったと思うし、もっとすり合わせないといけない。ただなかなか試合が出来ない非常にいいコンディションのアフリカのチームと対戦できたということは意義があることだった。最初のプレーから非常にいいチームだと感じたので、とても意義のある試合だったと思います」。

 またCBコンビを組んだDF冨安健洋とのポジションが、昨年までと左右逆でスタートした。吉田によると、昨年までは「なるべく冨安がやりやすいように」と右SBでもプレー経験のある後輩に右に置く形にしていたという。ただ今年から自チームで吉田が右CB、冨安が左CBを担うことが多くなったことで、森保一監督とも話し合った結果、昨年とは逆の形でスタートすることになったと説明した。

TOP