beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

後半ゴールラッシュの横浜FM、大分に4発快勝…筑波大在学中DF角田涼太朗がJ1デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜F・マリノス大分トリニータに快勝

[10.10 J1リーグ第21節 横浜FM 4-0 大分 ニッパツ]

 J1リーグは10日、第21節を開催し、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜F・マリノス大分トリニータが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半10分にDF松原健の得点で先制した横浜FMが、同20分にFWジュニオール・サントス、同30分と同42分にFWエリキが加点し、4-0で大勝した。

 ホームの横浜FMは10月7日に行われたルヴァン杯準決勝・柏戦(●0-1)からMF喜田拓也、DFティーラトン、GK梶川裕嗣を除く先発8人を入れ替え、この一戦に臨んだ。一方、2連勝中の大分は10月3日のJ1第20節・清水戦(○2-1)から先発2人を入れ替え、MF野村直輝、MF町田也真人らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 ともに相手守備を崩し切れずになかなか決定機を創出できないまま試合は進む。前半30分には松原のスローインを受けたJ・サントスがPA内から右足の強烈なシュートを放つも、GKムン・キョンゴンに弾き出されてしまう。さらに同34分には高い位置でのボール奪取を成功させたMF天野純が右足でループ気味に狙うが、これはムン・キョンゴンの手中に収まった。

 0-0のまま後半を迎えると、同8分には左サイドから持ち込んだJ・サントスが角度のない位置から左足シュートを放つが、クロスバーを叩いてネットを揺らすには至らず。しかし、同10分に横浜FMが試合を動かす。左サイドからティーラトンが送ったクロスは相手選手にはね返されるも、こぼれ球に反応した松原がPA外から左足ダイレクトボレーでゴールを陥れ、スコアを1-0とした。大分の下部組織からトップチームに昇格し、プロのキャリアをスタートさせた松原にとって恩返し弾となった。

 1点のビハインドを背負った大分は後半15分にFW知念慶を投入。しかし、再びスコアを動かしたのは横浜FMだった。大分のパスをカットしたFWオナイウ阿道からPA外でボールを呼び込んだJ・サントスが、鮮やかな軌道を描く右足のシュートを沈め、リードを2点差に広げた。

 攻撃の手を緩めない横浜FMは後半30分、PA左でボールを受けたFWエリキが中央に切れ込みながら放った右足のシュートでネットを揺らして3点目。同38分には横浜FMベンチが動き、2022シーズンの加入が前日9日に発表され、特別指定選手として認定されている筑波大DF角田涼太朗がピッチに送り込まれ、J1デビューを飾る。

 その後、後半42分に左サイドから中央に持ち込んだエリキが、再び右足のシュートでゴールを奪い、横浜FMが4-0の完封勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP