beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保建英“冷遇”のエメリ監督「クボはピッチ外のスター。ピッチ内でスターにならなければ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

エメリ監督が久保建英の起用法に言及

 スペイン『アス』のインタビューで、ビジャレアルウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英の起用法について言及した。

 今夏、レアル・マドリーからビジャレアルにレンタル移籍した久保。ラ・リーガ開幕から第5節までベンチスタートが続いており、途中出場で計54分しかプレーできていない。数多くのオファーの中から新天地だっただけに、十分な出場時間を与えないウナイ・エメリ監督への批判が高まっていた。

『アス』はエメリ監督の「クボはピッチ外のスター。ピッチ内でスターにならなければならない」というコメントを見出しに打ち、指揮官の意図を伝えている。

「クボは素晴らしい若者だ。成長したいと望み、強い成長意欲を持っている。彼は自分が日本人選手として初めてトップレベルに到達する挑戦をしていることを分かっている。そして、そうなってほしいと望む人々、そのプロセスを加速させてほしいと望んでいる人々がたくさんいる」

「しかし、無理に加速させるのは良くない。適応しなければならないし、全てのポジションやオプションで競争するために成長しなければならない」

「彼は3つのポジションでプレーできて、7番(右サイド)がベストポジションだが、そこには激しい競争がある。中央では改善に取り組んでいるところで、左サイドではさらに成長する必要がある。今はそういうプロセスにあるんだ」

「メディアの雑音は分かっているよ。彼はピッチ外でスターだが、ピッチ内でそうならなければならない。可能な限り最善の方法でそれを実行して、その目標を達成できるように育てることが我々の義務だ」

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP