beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペイン紙「彼は何者だ?」16歳MF中井卓大がレアルのトップチーム練習に参加!

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF中井卓大がトップチームの練習に参加

 レアル・マドリーの下部組織に所属する“ピピ”こと16歳MF中井卓大が12日、トップチームの練習に参加したようだ。スペイン『アス』が報じている。

 レアルは9日のトレーニング終了からオフを挟み、12日午後に練習を再開した。ジネディーヌ・ジダン監督は代表に呼ばれていない選手、コンディションなどの理由で代表合宿から戻ってきた選手のほか、ユースチームの選手も招集。その中に中井の姿もあったという。

 2014年に10歳でレアルの下部組織に加入した中井は順調にステップアップを重ね、現在はフベニールB(U-18)に所属。クラブはフベニールA(U-19)でのプレーを望んでおり、このまま順調にいけば、すでにラウル・ゴンサレス監督に3度招集されたカスティージャ(Bチーム)でも出場機会が与えられることになるようだ。

 同紙は中井が先日、イギリス『ガーディアン』で“2003年生まれの有望選手60人”のうちの1人に選ばれたことを紹介。また、別の記事では「ジダンがフベニールから呼んだ日本人のピピとは何者だ?」として中井の経歴を紹介し、同胞のMF久保建英やポジションの近いクロアチア代表MFルカ・モドリッチをリスペクトしていることなどを伝えた。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP