beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フリーの香川真司、スペインでキャリア続行を希望か…PAOKやハンブルガーのオファー拒否

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF香川真司

 MF香川真司はスペインでキャリアを続けることを最優先に考えているようだ。スペイン『Eldesmarque』が伝えた。

 今夏の移籍市場でサラゴサからの退団が決まった香川。わずか1年前に大きな期待とともにドルトムントからスペイン2部のクラブへと渡った日本代表MFだが、十分な結果を残せないままクラブから離れ、依然として無所属の状態が続く。

 現在、所属チームがない同選手は新天地が決まるまで自宅とクラブの施設での個人練習を通してコンディション維持に励む。マンチェスター・ユナイテッドやドルトムントといったビッグクラブでプレーした香川に対しては、ギリシャのPAOKやドイツ2部のハンブルガーからもオファーが届いたようだが、いずれのオファーに対しても首を横に振ったと同メディアは伝えている。

 そんな31歳の日本代表MFは、現段階でスペインでプレーを続ける意思が明らかなようだ。一時は2部のサバデル行きも頻繁に報じられたが、進展なく、破談の可能性が報じられる。また、同じく2部のテネリフェも同選手との契約に興味を持つことがわかっている。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP