beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FC、圧倒的ボール保持も…仙台ゴールこじ開けられずスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベガルタ仙台横浜FCの一戦はドローに終わった

[10.14 J1リーグ第22節 仙台0-0横浜FC ユアスタ]

 J1リーグは14日、第22節を開催し、ユアテックスタジアム仙台ではベガルタ仙台横浜FCが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半もスコアは動かずに0-0の引き分けに終わった。

 ここ11戦未勝利(3分8敗)の仙台は10月10日のJ1第21節・川崎F戦(●0-1)から先発2人を入れ替え、MF松下佳貴、DF平岡康裕らを先発起用。一方、2連敗中の横浜FCは前節・鹿島戦(●2-3)から先発2人を入れ替え、FW斉藤光毅、MF志知孝明らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 横浜FCがボールを保持して試合を進めるが、仙台の粘り強い対応に遭ってなかなか決定機を創出できない。一方の仙台も時おり繰り出すカウンターでゴールに迫ろうとしたものの、こちらも横浜FCの守備網につかまってしまい、前半はスコアレスで折り返す。

 0-0のまま後半を迎えると、同10分にDF小林友希がミドルレンジから果敢に狙うも、鋭いシュートはGKヤクブ・スウォビィクに阻まれてしまった。同22分には両ベンチが動き、仙台はFW長沢駿、横浜FCはFW皆川佑介とMF齋藤功佑を投入して状況を打開しようと試みる。

 後半33分にはMF手塚康平のFKから小林がヘディングシュートを枠内に飛ばすも、スウォビィクに弾き出されてしまう。その後も両チームにゴールは生まれず、0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP