beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ボリビアvsアルゼンチンの終了後に乱闘…メッシの暴言内容も明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボリビア戦に先発フル出場したFWリオネル・メッシ

 アルゼンチン代表は13日、カタール・ワールドカップ南米予選の第2節でボリビア代表のホームに乗り込み、2-1で勝利を収めた。

 前半24分に先制を許したが、同45分にFWラウタロ・マルティネス(インテル)が決めて同点に追いつくと、後半34分にはMFホアキン・コレア(ラツィオ)が逆転ゴールを奪取。鬼門の高地ラパスでの一戦を制し、開幕2連勝を飾った。

 ところが試合後、ピッチ上で勝利を祝うアルゼンチンの選手に対し、一部のボリビア選手が腹を立てたことで小競り合いに発展。その中でFWリオネル・メッシ(バルセロナ)が相手スタッフに暴言を吐いていたとスペイン『カデナ・セール』など複数メディアが報じている。

 読唇術の専門家によると、メッシはボリビアのフィジカルコーチとして働くアルゼンチン人のルーカス・ナバ氏に「どうしたんだ? ハゲ。お前は試合中ずっと叫んでいたな、バカ。なんでそんな大げさなことを言うんだ? お前はベンチからずっと叫んでいた」などと言っていたという。しかし、ナバ氏は応戦することなく、口論はそれ以上進まなかったと同メディアは伝えている。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP