beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペイン紙「大きな損失」…岡崎、中断明けバリャドリー戦は欠場へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW岡崎慎司はバリャドリー戦を欠場する見込み

 ウエスカのFW岡崎慎司は18日のラ・リーガ第6節バリャドリー戦を欠場する見込みのようだ。スペイン『アス』が報じている。

 岡崎は今季開幕から全5試合にスタメン出場していたが、3日に行われた第5節エルチェ戦(△0-0)の前半40分に負傷交代。5日にクラブから左足大腿二頭筋の負傷で復帰まで約2~3週間と発表され、日本代表のオランダ遠征を辞退していた。

 同紙によると、岡崎は筋肉の損傷からの回復が間に合わず、インターナショナルブレイク明けのバリャドリー戦は欠場となる模様だ。

 昨季は2部でチームトップの12得点を記録し、優勝と1部昇格に貢献。今季はまだゴールこそないが、前線で重要なピースとなっていた。同紙は岡崎の欠場がウエスカにとって「大きな損失」だと説いている。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP