beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

千葉決勝T開幕!昨夏の千葉王者・日体大柏、習志野、中央学院、翔凜が初戦突破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日体大柏高は3-0で初戦を制した。(写真提供=日体大柏)

 第99回全国高校サッカー選手権千葉県予選は17日、2次予選が開幕した。1回戦4試合が行われ、昨夏のインターハイ代表校・日体大柏高は{c|東京学館浦安高}}と対戦。1回戦屈指の好カードとなった一戦は、先に東京学館浦安がセットプレーから決定機を作り出したが、徐々に日体大柏のボール回しの鋭さが増す。1タッチパスを多用したビルドアップ、サイドから崩しなどで攻め続けた日体大柏は、前半34分にDF篠宮潤哉の縦パスを起点とした攻撃から、最後はDF山本悠真とのコンビネーションでFW小林智輝が先制ゴール。後半にも小林のゴールなどで突き放し、3-0でに快勝した。

 16回目の選手権出場を狙う習志野高は、若松高に8-0で快勝。“千葉のドリブル軍団”中央学院高は土気高を4-0で下し、翔凜高は延長戦の末、船橋東高を1-0で振り切っている。

 18日は1回戦10試合が行われ、プレミアリーグ勢の流通経済大柏高市立船橋高は2回戦から登場する。

【千葉】
[1回戦](10月17、18日)
柏井高 - 検見川高
翔凜高 1-0(延長)船橋東高
柏南高 - 八千代高
暁星国際高 - 市立柏高
土気高 0-4 中央学院高
{小金高 - 市立稲毛高
東京学館高 - 敬愛学園高
習志野高 8-0 若松高
八千代松陰高 - 東海大市原望洋高
日体大柏高 3-0 東京学館浦安高
船橋北高 - 専修大松戸高
千葉明徳高 - 千葉経済大附高
千葉敬愛高 - 渋谷幕張高
木更津総合高 - 市原中央高
●【特設】高校選手権2020

TOP