beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山形がエース流出後に今季初3連勝! 好調V・アラウージョは直近3戦4発

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げた山形FWヴィニシウス・アラウージョ

[10.18 J2第27節 山形4-1愛媛 NDスタ]

 モンテディオ山形が今季初の3連勝を達成した。18日にホームで開催されたJ2第27節で愛媛FCと対戦し、4-1で大勝。3試合で8得点1失点と攻守両面で充実の内容を見せ、前節終了時点の11位から8位に順位を上げた。

 山形は攻撃の中心を担ってきたFW山岸祐也が6日にアビスパ福岡へ電撃移籍。戦力ダウンも懸念されたが、直後の10日に行われた第25節のFC琉球戦で3-0の快勝を飾り、不安を払拭した。続く14日の第26節では栃木SCに1-0で完封勝利。今季初の3連勝へ4回目の挑戦権を手にし、今節の愛媛戦に臨んだ。

 先制したのは前半27分。右サイドから中央へ持ち出したDF山田拓巳がタイミングよくスルーパスを出し、ボックス右に抜け出したFW南秀仁がワンタッチで折り返す。フリーでファーに走り込んだFWヴィニシウス・アラウージョが右足で流し込み、3試合連続ゴールを挙げた。

 前半35分には左サイドのMF松本怜大がクロスを入れ、V・アラウージョがヘディングシュート。GK岡本昌弘の正面を突き、こぼれ球にFW渡邊凌磨が詰める。一度は岡本に阻まれるが、空中へ上がったボールを自ら頭で押し込み、2-0とした。

 後半に入っても山形の攻勢は続く。開始3分、渡邊の落としからMF中村駿が右足でミドルシュートを放つと、相手に当たってコースが変わり、右に動いたGK岡本の逆を突く形でゴール中央に吸い込まれた。

 さらに後半13分、リスタートの流れから左サイドの南が前方にスルーパスを送り、駆け上がったMF加藤大樹が左足で得意のクロス。中央のV・アラウージョが叩きつけるヘディングでゴール右に決め、リードを4点に広げた。

 V・アラウージョは直近3試合で4ゴール目。山形は後半アディショナルタイム2分に愛媛のDF池田樹雷人に1点を返されたが、4-1で逃げ切り、今季初の3連勝を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第27節2日目 スコア速報

TOP