beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[なでしこ]浦和Lは首位独走で次節にも6年ぶりV!!INACは日テレ下し3連勝で2位浮上:第15節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 プレナスなでしこリーグ1部の第15節が17日、18日に行われた。首位浦和レッズレディースはホームでマイナビベガルタ仙台レディースと対戦。前半2分、DF佐々木繭の得点で先制し、同22分にFW菅澤優衣香が追加点を挙げた。後半6分にマイナビのFW浜田遥にゴールを許したが、最後まで1点差を守り切り、2-1で勝利した。

 3位INAC神戸レオネッサはホームで2位日テレ・東京ヴェルディベレーザとの上位対戦に挑んだ。前半7分にFW岩渕真奈のゴールで先制すると、同31分にMF水野蕗奈、33分にFW高瀬愛実、42分にFW田中美南がそれぞれ得点。前半を4-0で折り返した。後半31分に日テレFW小林里歌子に1点を返されたが、その後失点を許さず、4-1で勝利。INACは3連勝で勝ち点を26に伸ばし、同25の日テレを抜いて2位に浮上した。

 4位セレッソ大阪堺レディースはホームにノジマステラ神奈川相模原を迎え、3-1で勝利した。前半38分、39分にMF林穂之香が連続ゴール。後半4分にFW浜野まいかが3点目を決め、ノジマの反撃をDF松原有沙の1点に食い止めた。C大阪堺は勝ち点25で3位日テレと並び、得失点差で4位となっている。

 前節の日テレ戦で9試合ぶりの黒星を喫した浦和Lだが、2試合ぶりの白星で勝ち点を「34」に伸ばし、残り4試合で2位INACとの勝ち点差は「8」、3位日テレ、4位C大阪堺との勝ち点差は「9」となった。浦和Lは次節11月1日の伊賀FC戦に勝ったうえで、3位日テレが引き分け以下に終わり、2位INAC対4位C大阪堺の直接対決が引き分けだった場合、3試合を残して浦和Lの6年ぶり4度目の優勝が決まる。

10月17日(土)
[浦和駒場]
浦和L 2-1 マイナビ
[浦]佐々木繭(2分)、菅澤優衣香(22分)
[マ]浜田遥(51分)

10月18日(日)
[愛媛球]
愛媛L 1-0 新潟L
[愛]山口千尋(83分)

[ヤンマーフィ]
C大阪堺 3-1 ノジマ
[C]林穂之香2(38分、39分)浜野まいか(49分)
[ノ]松原有沙(57分)

[ノエスタ]
I神戸 4-1 日テレ
[I]岩渕真奈(7分)、水野蕗奈(31分)、高瀬愛実(33分)、田中美南(42分)
[日]小林里歌子(76分)

[フクアリ]
ジェフL 2-1 伊賀FC
[ジ]オウンゴール(36分)、大滝麻未(79分)
[伊]道上彩花(12分)

●なでしこリーグ2020特集ページ

TOP