beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“11月20日”が待ち切れない…驚異の15歳ムココ、開幕から全試合ハットトリックの離れ業

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムントU-19でゴールを量産するFWユスファ・ムココ

 今季からドルトムントの背番号18を与えられ、トップチームデビューが期待される15歳のFWユスファ・ムココがU-19の試合で得点を量産している。

 2004年11月20日生まれ、カメルーン出身のムココは11歳からドルトムントの下部組織でプレー。12歳でブンデスU-17、14歳にはブンデスU-19でゴールを量産するなど、飛び級カテゴリーで爆発的な得点力を発揮してきた。

 2018-19シーズンはブンデスU-17で25試合46得点と、驚異的な数字を残してクラブ記録を打ち立てると、2019-20シーズンは15歳ながらもブンデスU-19を主戦場とし、20試合出場34得点で再びリーグ新記録を樹立。また、今年2月には15歳にしてU-19ドイツ代表メンバーにも招集されている。

 そんな“怪童”が今季も開幕からゴールラッシュを披露。『キッカー(日本語版)』によると、ブンデスU-19の開幕戦となったプロイセン・ミュンスター戦で後半10分、同23分、同26分とわずか17分間でハットトリックを達成すると、続くユース国内カップ戦でも3度ネットを揺らすことに成功。そして18日に行われたリーグ第2節、“宿敵”シャルケとの対戦でも前半10分、同40分、後半18分にゴールを陥れ、驚異の3試合連続ハットトリックを達成した。

 ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは「彼は地に足のついた、素晴らしい若者だ」とムココの人間性を称賛しつつ、「ただ、期待をかけすぎるようなことをしてはいけない」と続けている。

 シーズン開幕前にはトップチームのトレーニングに参加したムココ。ブンデスリーガは今年4月、2020-21シーズンからリーグ出場可能な年齢制限を17歳から16歳に引き下げており、ムココは16歳の誕生日を迎える11月20日からトップチームでプレーすることが可能となる。

●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP