beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウド不在のユベントス、モラタ2発でCL白星スタート! 欧州デビューのピルロが“師弟対決”制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを挙げたFWアルバロ・モラタ

[10.20 欧州CL第1節 ディナモ・キエフ0-2ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第1節が20日に各地で開催された。グループGではユベントス(イタリア)が敵地でディナモ・キエフ(ウクライナ)と対戦。FWアルバロ・モラタが2ゴールを決め、2-0の勝利を収めた。第2節は28日に行われ、ユベントスはホームでバルセロナ(スペイン)、ディナモ・キエフはアウェーでフェレンツバーロシ(ハンガリー)と顔を合わせる。

 今季からユベントスを率いるアンドレア・ピルロ監督は指揮官としての欧州CLデビュー戦。ディナモ・キエフを指揮するミルチェア・ルチェスク監督はブレシアやインテルで選手時代のピルロ氏を指導しており、師弟対決としても注目された。

 ユベントスは13日にポルトガルサッカー連盟(FPF)から新型コロナウイルスの陽性反応が発表されたFWクリスティアーノ・ロナウドを欠く中での一戦。3-4-1-2の布陣で臨み、前線ではトップ下にMFアーロン・ラムジー、2トップにFWデヤン・クルセフスキと4年ぶりのユベントス復帰となるモラタが配置された。

 前半をスコアレスで終えたユベントスはハーフタイム明け直後に先制する。後半1分、左サイド深くで仕掛けたMFフェデリコ・キエーザが折り返し、ラムジーのヒールパスからクルセフスキが左足でシュート。GKに弾かれるが、こぼれ球をモラタが左足で蹴り込んだ。

 後半39分には右サイドで幅を取ってボールを受けたMFファン・クアドラードが右足で高精度のクロス。PA内中央のモラタがヘディングで叩き込み、2-0とリードを広げる。そのまま逃げ切ったユベントスが敵地で白星スタートに成功。師弟対決はピルロ監督に軍配が上がった。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集
●セリエA2020-21特集

TOP