beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10人になっても2得点…17歳ファティ&ペドリもゴール、5発快勝のバルサが白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナFWリオネル・メッシ

[10.20 欧州CL第1節 バルセロナ5-1フェレンツバーロシ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第1節が20日に各地で開催され、グループGではバルセロナ(スペイン)がフェレンツバーロシ(ハンガリー)をホームに迎えた。前半27分にFWリオネル・メッシの得点で先制したバルセロナは、同42分にFWアンス・ファティ、後半7分にMFコウチーニョ、同37分にMFペドリ、同44分にFWウスマン・デンベレが加点し、5-1の勝利で白星スタートを切った。

 前半26分、右サイドでボールを受けたメッシが鮮やかに1人かわしてPA内に侵入すると、相手選手のファウルを誘ってPKを獲得。このPKをメッシ自身がきっちり沈め、バルセロナが先制に成功した。さらに同42分にはMFフレンキー・デ・ヨングの浮き球のパスから最終ライン裏を突いたファティが右足ダイレクトで合わせてネットを揺らし、リードを2点差に広げた。

 2-0とバルセロナがリードしたまま後半を迎えると、同7分にバルセロナが追加点を奪取。PA右でキープしたメッシが中央に送ると、ボールを受けたファティがテクニカルなヒールパスで左に流すと、反応したコウチーニョが右足で蹴り込んでスコアは3-0になった。

 後半17分にはバルセロナベンチが動き、デンベレ、ペドリ、DFジュニオル・フィルポを投入。すると後半23分、PA内に侵入したFWトクマック・チョル・グエンをファウルで止めたDFジェラール・ピケが一発退場となり、バルセロナは数的不利に陥ってしまう。

 このPKをMFイホール・ハラーティンに決められて、フェレンツバーロシに1点を返されたものの、10人となったバルセロナは攻撃の手を緩めない。同38分に右サイドをえぐったデンベレの折り返しをペドリが右足で蹴り込んで4点目を記録すると、同44分にはPA内でキープしたメッシのラストパスを受けたデンベレが右足ダイレクトでネットを揺らし、バルセロナが5-1で快勝した。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

TOP