beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FW石原直ら負傷交代も…湘南ついに最下位脱出! 鳥栖と中3日で再戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.21 J1第13節 湘南0-0鳥栖 BMWス]

 延期されていたJ1第13節が21日に行われ、湘南ベルマーレサガン鳥栖が0-0で引き分けた。鳥栖の選手・スタッフが新型コロナウイルスに感染した影響で延期されていた。湘南は2試合負けなしで最下位を脱出し、16位に浮上。鳥栖は7戦連続未勝利となった。

 前節連敗を6で止めた湘南は前半2分、連続先発のルーキーDF畑大雅が左サイド深い位置で相手DFをかわして突破し、シュート性のクロス。22分にはMF金子大毅からのクロスをMF岡本拓也がダイレクトでつなぎ、FWタリクがヘディングシュート。良い試合の入りだったが、前半24分にアクシデントに見舞われる。空中戦でFW石原直樹が頭部を強打し、26分にMF茨田陽生と交代。さらにDF坂圭祐、MF松田天馬も負傷交代となった。

 鳥栖は後半31分にCKの流れからMF森下龍矢が右足で狙ったが、枠を捉えたシュートはGK谷晃生が右手一本でかき出した。試合はスコアレスドロー決着。フラッシュインタビューに応じたMF岡本拓也は「相手のビルドアップはうまく運ばせなかったと思うし、そこから奪って出ていくところは最近よくなっている」とコメント。同じ相手と中3日で再戦という日程になるが、浮嶋敏監督は「次は絶対に勝てるように準備したい」と必勝を誓った。

TOP