beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ともにゴールをこじ開けられず…磐田と引き分けの東京V、2試合連続スコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ともにゴールが生まれずにスコアレスドロー

[10.21 J2リーグ第28節 東京V 0-0 磐田 味スタ]

 J2リーグは21日、第28節を開催し、味の素スタジアムでは東京ヴェルディジュビロ磐田が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半もスコアが動かずに0-0の引き分けに終わった。

 ホームの東京Vは10月17日の前節・栃木戦(△0-0)から先発5人を入れ替え、FW大久保嘉人、FW小池純輝、MF森田晃樹、DF近藤直也、GK柴崎貴広らを先発起用。一方、アウェーの磐田は前節・金沢戦(○1-0)から先発の2人を入れ替え、DF舩木翔、DF小川大貴らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 試合開始早々の前半6分に東京Vがゴールを脅かすが、MF藤田譲瑠チマが放った強烈なミドルシュートはGK八田直樹に弾き出されてしまう。さらに同43分にはミドルレンジから大久保が果敢に狙うも、枠を捉えたシュートは八田に再び阻まれてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、東京VはMF山本理仁、磐田はFW中野誠也とMF松本昌也を投入して状況を打開しようと試みる。

 後半15分にはFW山下諒也がPA内からシュートを放つも、横っ飛びした八田にストップされ、ネットを揺らすには至らず。同31分には右サイドから送られたクロスに反応したFWルキアンが放ったヘディングシュートが枠を外れるなど、ともにゴールに迫る場面を創出しながらも得点を奪えない。

 その後も両チームともにゴールを狙うが、後半44分のMF上原力也のシュートが柴崎にストップされるなど、最後まで得点は生まれず。0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP