beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

EL登録外のエジルはツイッターで実況! アーセナルのMOM候補4選手を挙げる

このエントリーをはてなブックマークに追加

EL登録外のMFメスト・エジルがツイッター芸人に

 アーセナルに所属するMFメスト・エジルが、ヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ初戦のラピード・ウィーン戦で良かった同僚4選手の名前を挙げた。英『ミラー』が報じた。

 アーセナルは現地時間22日、UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)に出場し、敵地で2-1と勝利をおさめた。DFダビド・ルイスが同点弾を決め、FWピエール・エメリク・オーバメヤンが決勝点を決めたことで、欧州ELを白星でスタートすることになった。

 エジルは今季プレミアリーグと欧州ELの両方で登録外となっているため、この試合は自宅から観戦。自身のツイッター(@MesutOzil1088)で随時試合を実況し、フォロワーに最新情報を伝えていた。

 試合後の最後のツイートでは、4人のマン・オブ・ザ・マッチ候補を挙げている。MFトーマス・パーテイ、D・ルイス、オーバメヤン、MFモハメド・エルネニーだ。エジルはこの日の夜、フォロワーに投票を依頼し、ファンは満場一致でパーテイを選んだ。

 試合後、ミケル・アルテタ監督もパーテイを絶賛しており、「彼は本当にしっかりしていたし、とても落ち着いていた」と話している。

「後半になり、少しオープンな展開になって、何人かの選手たちが空いているスペースを後略しにいき始めたとき、彼は一人で中盤を抑えていた」

「だけど彼の活躍は素晴らしかった。彼からはもっと多くのことが得られるだろう」

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)20-21特集

TOP