beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

絶好機連発もことごとく枠外…FC東京MF安部「点が取れなかったことが敗因」FW永井「責任を感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京FW永井謙佑

[10.24 J1第28節 FC東京0-4横浜FM 味スタ]

 ゴール前での決定的なシュートがことごとく枠を外れ、因縁の相手に0-4の大敗となった。悔いの残る一戦を終えたFC東京の選手たちからは決定力不足を嘆く声が聞かれた。

 昨季の優勝争いを演じた横浜F・マリノスをホームに迎えた一戦。昨季最終節こそ主力選手を欠いたこともあって0-3で敗れたものの、例年の試合は積極的なプレッシングで優位に立つ展開が多く、両指揮官の就任以来4勝1敗と本来であれば得意の相手だ。

 この一戦でもそうした相性の良さは発揮。序盤からミドルゾーンより前のエリアで相手のボールを奪い切り、カウンターやセットプレーから次々にチャンスをつくっていた。

 ところがこの日は、フィニッシュだけが決まらなかった。前半10分のDF森重真人のヘッドを皮切りに、同26分のMF三田啓貴の左足ボレー、同アディショナルタイムのMF安部柊斗のダイレクト、後半6分のFW永井謙佑のカットインシュートとあらゆる決定的シュートが全て枠外。その後、立て続けに訪れたピンチで連続失点を重ねると、苛立ったMFアルトゥール・シルバの退場もあり、試合展開とは釣り合わない0-4の大敗となった。

 前半終了間際に自らのボール奪取から始まった攻撃を決め切れず、後半の立ち上がりにもダイレクトシュートが枠外に飛んだMF安部柊斗は試合後のオンライン取材で「立ち上がりから東京のサッカーができていた中、点が取れなかったことが敗因」と指摘。「決め切れないと負けにつながるし、自分の評価も上がらないので、結果を出すことが大事」と課題を語った。

 また多くのチャンスに絡みながら後半の決定的なシュートをふかしてしまったFW永井謙佑も「前線が決められなかったことで、チームとして勢いが出せない展開になった。僕がビッグチャンスを外した後に失点したので個人として責任を感じている」と厳しい表情。ミッドウィークに控える柏戦に向けて「切り替えてやっていくことが大事」と力を込めた。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第24節1日目 スコア速報

TOP