beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台MF関口が心境を吐露「正直しんどい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台のベテランMF関口訓充

 ベガルタ仙台のMF関口訓充が26日に自身のツイッター(@kuni32kun)を更新し、チームの厳しい台所事情に対して胸中を明かした。

 現在14試合未勝利(4分10敗)で最下位に低迷する仙台は同日、3選手の負傷を発表。DF蜂須賀孝治が右太もも前の肉離れで全治約3~4週、DF柳貴博が右でん部の肉離れで全治約3~4週、MF松下佳貴が右太もも裏の肉離れで全治約3~4週の見込みと診断された。蜂須賀と柳は18日のJ1第23節・浦和戦(●0-6)で負傷。松下は21日のトレーニングで同箇所を痛めた。

 関口はツイッターで「試合での怪我が本当に多い…。そしてこの連戦。過密日程でここまで人がいなくなるのは正直しんどい」と苦しい胸の内を語っている。その一方でポジティブな部分にも目を向け、チームを力強く鼓舞した。

「けど逆に言えば若いやつ試合に出るやつは自分の価値を示すチャンス。ここで価値を示さないでどこで示す。こんなチャンスは正直そんな転がってないぞ…。やるかやらないかは自分次第や! 勝とう!」

 次節は中3日で28日に開催され、本拠地ユアテックスタジアム仙台に神戸を迎え撃つ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP