beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブラサカ「アクサ×KPMG 2020杯」守谷会場はコルジャ仙台ブラインドサッカークラブが首位通過、佐藤翔が怒涛5発

このエントリーをはてなブックマークに追加

コルジャ仙台ブラインドサッカークラブが準決勝ラウンドへ

「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ(以下、アクサ×KPMG 2020カップ)」の1stラウンド守谷会場が25日、茨城県の常総運動公園で行われた。コルジャ仙台ブラインドサッカークラブが首位通過を果たし、準決勝ラウンドに駒を進めている。

 守谷会場では、コルジャ仙台ブラインドサッカークラブ、Avanzareつくば、Derrotó Saber茨城の3チームが参戦。初戦はDerrotó Saber茨城とAvanzareつくばが対戦した。Avanzareつくばは前半19分、森田翼が相手選手をかわしながら左足シュートを放ち、GKに触れるもそのままゴールネットを揺らす。ナショナルトレセン選出経験も持つ森田の活躍で、Avanzareつくばが1-0の勝利を収めた。

 続く第2試合は、コルジャ仙台ブラインドサッカークラブとDerrotó Saber茨城の対戦に。コルジャ仙台ブラインドサッカークラブは前半5分、日景淳也が相手選手を抜き去り、ゴールに迫る。相手GKの逆を突く左足シュートをゴール右に突き刺し、先制に成功する。同12分には斎藤陽翔がゴール前で競り合いながら右足シュートを放ち、追加点を奪った。

 前半を2-0で折り返したコルジャ仙台ブラインドサッカークラブは後半4分、右サイドの佐藤翔がカットインから左足を一閃し、3-0と点差を広げる。佐藤は同15分にも、足裏タッチで相手を翻弄しつつ、中盤から強烈な右足ロングシュートを放ち、ダメ押しの4点目。コルジャ仙台ブラインドサッカークラブが4-0で白星を手にした。

 第3試合は、ともに勝利を収めたAvanzareつくばとコルジャ仙台ブラインドサッカークラブの大一番に。しかし、コルジャ仙台ブラインドサッカークラブが圧倒する。第2試合でもゴールを挙げた佐藤が躍動し、前半4分に右足シュートで先制点を決める。2分後にも同様の形で佐藤が追加点。さらに後半15分にも左足シュートでハットトリックを達成し、コルジャ仙台ブラインドサッカークラブを3-0で勝利に導いた。

斎藤陽翔がMVPを受賞

 2勝のコルジャ仙台ブラインドサッカークラブが来年1月の準決勝ラウンドに進出決定。MVPには第2試合でゴールを挙げた斎藤陽翔が選ばれた。斎藤は試合後のインタビューで「ブラインドサッカーを始めて約4年経つが、初めて点を決めることができ、自分の進歩を感じられ、嬉しく思っている」と喜びのコメント。「これからもっと成長して、準決勝ラウンドでは、もっと強い選手になって戻ってきたい」と意気込みを語った。

・1stラウンド守谷会場の結果
Derrotó Saber茨城 0-1 Avanzareつくば


コルジャ仙台ブラインドサッカークラブ 4-0 Derrotó Saber茨城


Avanzareつくば 0-3 コルジャ仙台ブラインドサッカークラブ


【アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ大会HP】
https://2020cup.b-soccer.jp/

【全試合ライブ配信】
https://bit.ly/34svUhl


●ブラサカ/障がい者サッカー特集ページ
●日本障がい者サッカー連盟(JIFF)のページはこちら

TOP