beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

千葉8強決定。流経大柏は5-0発進、市船は菅谷V弾で1-0勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第99回全国高校サッカー選手権千葉県予選は24日と25日、2回戦が行われ、プレミアリーグ関東勢の流通経済大柏高市立船橋高が初戦に臨んだ。

 柏井高と対戦した流経大柏は千葉内定GK松原颯汰らが先発。MF三好麟大がゴールを奪うなど5-0で快勝した。市立船橋はDF菅谷暁輝の決勝点によって木更津総合高を1-0で下している。

 昨夏の千葉王者・日体大柏高は、MF近江屋晃輝主将の3得点の活躍などによって前回大会4強の専修大松戸高に4-0で快勝。八千代高は翔凜高に2-1で競り勝ち、習志野高は東海大市原望洋高を3-0で破っている。

 そのほか、中央学院高、敬愛学園高、千葉明徳高がベスト8進出。準々決勝は10月31日と11月1日に開催される。

【千葉】
[2回戦](10月24、25日)
流通経済大柏高 5-0 柏井高
翔凜高 1-2 八千代高
暁星国際高 0-1 中央学院高
市立稲毛高 0-5 敬愛学園高
習志野高 3-0 東海大市原望洋高
日体大柏高 4-0 専修大松戸高
千葉明徳高 1-0 渋谷幕張高
木更津総合高 0-1 市立船橋高

[準々決勝](10月31日、11月1日)
流通経済大柏高 - 八千代高
中央学院高 - 敬愛学園高
習志野高 - 日体大柏高
千葉明徳高 - 市立船橋高
●【特設】高校選手権2020

TOP