beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長谷部誠が見る大迫勇也の現状…ブレーメン地元紙で“豊富な経験の持ち主”としてアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF長谷部誠が大迫にアドバイス

 フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠がブレーメン地元紙『クライスツァイトゥング』の取材に応じ、その中でブレーメンの日本代表FW大迫勇也についても語った。

 フランクフルトは31日に行われるブンデスリーガ第6節でブレーメンとホームで対戦。『クライスツァイトゥング』で、過去のブレーメンとの試合に関しては「ボルフスブルクと2009年にリーグを優勝したとき、シーズンのラストマッチはブレーメン戦で、それに5-1で勝ちました。あの試合が一番いい思い出でしょう」と振り返った長谷部は、フランクフルトとブレーメンの対決が白熱することが多い理由について問われると、このように返答した。

「おそらく両チームとも感情から入っていくプレースタイルだからだと思います。パフォーマンスレベルが常に近かった2チームなので、勝敗を決めるディテールを争う試合になるかなと。それに、いずれもファンがたくさんいて、スタジアムもいつも満杯でしたからね。残念ながら今はそうはいきませんが、ファンの存在が僕たちをより熱くさせました」

 元ペルー代表FWでブレーメンのレジェンドでもあるクラウディオ・ピサロ氏が昨季を最後に、41歳で現役を引退。現在ブンデスリーガ最年長となっている36歳の長谷部もピサロ氏と同じ年齢までブンデスリーガでのプレーを目指すかとの質問には笑いながら「頑張りたいですが、41歳でもまだブンデスリーガでプレーする自分を想像できませんね」と返している。

 一方で、長谷部は今季に入ってブレーメンでレギュラーの座を失ってしまった大迫についてもコメント。「豊富な経験の持ち主としての彼へのアドバイス」を求められると、「勇也はここ数年間、ケガを繰り返すなど不運だったし、代表チームでの移動も多かったと思います。そうなると、なかなかリズムをつかめなくなります」と指摘しつつ、「それでも彼のクオリティーは高いです。とにかく辛抱強く、ハードワークを続けていかなければいけませんね」と助言している。

 なおフランクフルト側では長谷部はMF鎌田大地らととものスタメン入りが予想される一方、前節ホッフェンハイム戦で負傷交代を強いられた大迫のメンバー入りは、29日時点でまだ確定せず。フロリアン・コーフェルト監督は、「ユウヤは重傷ではなく、ひざに打撲を負った。今日から練習に参加し、フランクフルト戦に出場できる望みはある」と明かしていた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP