beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「エジガル…マジカルだな」手倉森監督もギャグで喜ぶゴール劇!3位長崎が水戸に逆転4発

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.1 J2第30節 長崎4-1水戸 トラスタ]

 J2第30節が行われ、V・ファーレン長崎水戸ホーリーホックを4-1で下した。3位長崎は横浜F・マリノスから新加入のFWエジガル・ジュニオが移籍後“即”ゴールを挙げるなど、4発ゴールラッシュで11月の連戦をスタートした。

 試合が動いたのは前半37分。右CKの場面でFW山口一真がファーサイドにクロスを入れ、PA左のMF木村祐志がダイレクトで折り返す。これをDFンドカ・ボニフェイスもダイレクトでつなぎ、ゴール前のDF前嶋洋太が左足で押し込んだ。

 長崎もここから反撃に出る。5分後の前半42分、中盤でボールを奪ったMF澤田崇が一気にドリブルで持ち上がり、MFカイオ・セザールの上がりを待ってラストパス。カイオ・セザールはキレのあるフェイントで相手DFを外すと、PA右手前から右足シュートを突き刺した。

 後半22分には澤田がPA左を縦に仕掛け、マイナス方向にグランダーのクロス。これはPA内で相手にクリアされたが、高い位置でボールが渡ったMF名倉巧がそのまま左足で流し込んだ。逆転に成功した長崎は攻撃の手を緩めず、後半32分にMFルアンがダメ押しの3点目。後半アディショナルタイムには新加入のエジガル・ジュニオがヘッドで沈め、長崎が4-1で勝利した。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた手倉森誠監督は「一進一退のゲームを圧勝したかのように見せたエジカルとルアンのゴールは、間違いなくクオリティがある。…マジカルだな」と得意のおやじギャグを飛ばし、快勝を喜んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP