beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

写真に写り込んでいたものは…なでしこ猶本光の“うっかり”投稿にファン反応

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF猶本光のSNS投稿に反響

 浦和レッズレディースに所属する日本女子代表(なでしこジャパン)MF猶本光のSNS投稿が反響を呼んでいる。

 猶本は2日に自身のツイッター(@hikaru_naomoto)を更新し、愛用するイヤーマフ(耳全体を覆うタイプの防音保護具)を紹介。イヤーマフを着用し、ドイツ語のテキストを手に持つ写真とともに「集中力を最大限に発揮して勉強したい人にオススメです!周りの音をシャットアウトでき、フィット感も最高なので外出先や家で落ち着いて過ごしたい時にも便利なアイテムです」とつづった。

 ところが別角度から撮った2枚目の写真では、ドイツ語のテキストの間に漫画『キングダム』が表示されたタブレット端末が挟まれている。そして3枚目の写真でとぼけたようなチャーミングな表情を見せると、ファンからツッコミや自分もやっていたという共感など、さまざまなコメントが寄せられた。

 猶本は2007年に地元の福岡J・アンクラスでなでしこリーグデビュー。12年に浦和L、18年にはドイツのフライブルクに移籍した。海外で約1年半プレーしたのち、今年1月に浦和Lへ復帰。なでしこジャパンでは14年の初招集から通算20試合に出場している。

 所属する浦和Lは現在、なでしこリーグ1部で首位を独走中。8日に行われる次節の愛媛L戦で勝利すれば、他会場の結果に関係なく6年ぶり4度目の優勝が決まる状況となっている。


●なでしこリーグ2020特集ページ

TOP