beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

来季開幕絶望の選手も…大宮が3名の負傷状況を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮が3選手の負傷状況を発表

[故障者情報]

 大宮アルディージャは3日、MF大山啓輔、MFイッペイ・シノヅカ、FW高田颯也の負傷状況を発表した。

 今季トップ昇格した高田は10月10日のJ2第25節・栃木戦で負傷し、今月2日にさいたま市内の病院で手術を実施。左膝前十字靭帯損傷で全治8か月と診断され、来季開幕も絶望的となっている。今季はJ2リーグ戦14試合に出場していた。

 また、10月18日のJ2第27節・岡山戦で負傷した大山とシノヅカは、それぞれ右膝外側側副靭帯損傷で全治4~6週間、右肩関節唇損傷で全治4~6週間と診断されている。大山は今季J2リーグ戦16試合で1得点を記録し、シノヅカは23試合で3得点を挙げていた。

 大宮はJ2第30節終了時点で勝ち点36(9勝9分12敗)の16位。負傷者が相次ぐ厳しい台所事情となっており、レンタル先から選手を呼び戻す動きが続いている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP