beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

60歳誕生日迎えたばかりのマラドーナ氏が緊急手術…執刀医「手術は成功した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マラドーナ氏の手術が行われた病院前には多くの報道陣が詰めかけている

 元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が、硬膜下血腫による手術を行っていたことが明らかになった。『BBC』によると、執刀医のレオポルド・ルケ医師は「手術は成功した」と話している。

 同メディアによると、手術は3日夜に行われ、80分ほどを要した。現在、容態は安定しているようだが、医師は「経過観察が必要だ」と説明している。

 マラドーナ氏は先月30日に60歳の誕生日を迎えていた。しかし体調不良を訴えた同氏が病院にかかると、ブエノスアイレス市内の専門病院に転院。すぐさま専門医による手術が行われたようだ。

TOP