beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]びわこ大が立命大を破り、約1か月ぶりの白星! 王者・大体大は今季初黒星を喫す:後期第9節

このエントリーをはてなブックマークに追加

びわこ大が約1か月ぶりに白星を挙げた

第98回関西学生サッカーリーグ1部


 第98回関西学生サッカーリーグ1部の後期9節が7日と8日に行われた。びわこ成蹊スポーツ大立命館大と対戦し、2-1で勝利を収めた。

 10月3日の第4節以降はすべて引き分けているびわこ大は、今節こそ勝利を求め、前半7分に先制に成功。MF泉柊椰(2年=神戸U-18)の右CKからFW清水一雅(1年=仙台ユース)がヘディングシュートでゴールを挙げる。しかし、後半開始早々に立命大FW鈴木太我(4年=桐光学園高)に失点を喫してしまう。

 失点後は立命大の攻撃を浴びるびわこ大だが、試合終了間際に一瞬の隙を突く。後半アディショナルタイム1分過ぎ、MF佐藤昴(3年=神戸U-18)のFKをDF岡本京也(4年=清明学院高)がヘディングシュート。ボールはそのままゴールネットを揺らし、びわこ大が2-1とスコアを動かしてみせた。試合はそのまま終了し、びわこ大が2-1で待望の勝ち点3を手にしている。

 大阪体育大は今季初黒星。桃山学院大は昨季王者相手に前半43分に先制する。MF水津颯太(4年=静岡学園高)のクロスをMF若山修平(4年=静岡学園高)が頭で合わせ、ゴールを奪った。さらに後半41分にはPKを獲得。水津が冷静に沈め、2-0で勝利を収めた。

 阪南大大阪学院大に4-1で快勝。前半終了間際に大院大MF江郷下慶(4年=大阪学院大高)に先制を許すも、後半からゴールラッシュを見せる。後半8分、MF八田壮一郎(4年=作陽高)のクロスをMF原耕太郎(2年=西尾高)が頭で押し込み、試合を振り出しに戻すと、その5分後にはMF稗田圭吾(4年=福岡U-18)のゴールで逆転に成功する。

 さらに阪南大は後半20分にFKから原がヘディングシュートでチーム3点目。同32分にはDF真瀬拓海(4年=市立船橋高/仙台内定)のアシストをFW松原大芽(2年=作陽高)が決め、ダメ押しの4点目とした。

 京都産業大同志社大と対戦。MF國領雄斗(3年=東山高)の2アシストで、FW堤原翼(4年=京都橘高)が2ゴールを奪うと、後半30分にはDF尾崎優樹(2年=京都U-18)のクロスをFW原田烈志(2年=G大阪ユース)が決め、3-0で快勝している。

結果は以下のとおり
【第9節】
※無観客開催のため、日時および場所は非公表
大阪体育大 0-2 桃山学院大
[桃]若山修平(43分)、水津颯太(86分)

関西学院大 延期 関西大

びわこ成蹊スポーツ大 2-1 立命館大
[び]清水一雅(7分)、岡本京也(90分+1)
[立]鈴木太我(51分)


阪南大 4-1 大阪学院大
[阪]原耕太郎2(53分、65分)、稗田圭吾(58分)、松原大芽(77分)
[大]江郷下慶(45分+1)


近畿大 (不戦試合) 甲南大

京都産業大 3-0 同志社大
[京]堤原翼2(8分、15分)、原田烈志(75分)

●第98回関西学生リーグ特集

TOP