beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

何のベスト11? 海外紙が豪華ビッグネームとともに本田圭佑を選出! 現役Jリーガーの名前も

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアW杯を最後に日本代表から退いたMF本田圭佑

 スペイン『アス』が10日、「代表を引退した現役選手の理想的な11人」と題して代表引退選手のベストイレブンを選定し、そうそうたるメンバーの中にボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(34)が名を連ねた。また、Jリーガーとしてヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)も選ばれている。

 本田は日本代表時代に2010年南アフリカW杯、2014年ブラジルW杯、2018年ロシアW杯と、3大会連続で世界の大舞台を経験。ロシアW杯ではグループリーグ初戦のコロンビア戦(○2-1)で決勝点を演出し、アジア人初のW杯3大会連続アシストを達成した。続く第2戦のセネガル戦(△2-2)では同点弾を奪い、日本人初のW杯3大会連続ゴールを記録。W杯通算4点目でアジア人のW杯最多ゴール数を更新するとともに、日本人のW杯最年長ゴール記録を32歳11日に塗り替えた。

 同紙は本田について「この日本人選手は同世代の他の多くの選手たちと同様に、2018年のロシアW杯を最後に代表チームを引退した」と紹介している。

 また、本田やイニエスタの他にはユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(42)、バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケ(33)、セビージャの元クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(32)、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)らが選出された。

以下、スペイン『アス』が選定した11名

元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(42)/ユベントス

元ブラジル代表DFマイコン(39)/クリシューマ

元スペイン代表DFジェラール・ピケ(33)/バルセロナ

元アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノ(36)/エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ

元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(33)/ストーク・シティ

元クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(32)/セビージャ

元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)/ヴィッセル神戸

元日本代表MF本田圭佑(34)/ボタフォゴ

元ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(31)/バイエルン

元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(35)/ダービー・カウンティ

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)/ミラン


●海外組ガイド

TOP