beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

緊急手術マラドーナ氏の経過は順調、主治医が太鼓判「退院の可能性について検討している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マラドーナ氏の快方を願うサポーターたち

 硬膜下血腫により緊急手術を行った元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏だが、順調に快方に向かっているようだ。『ruptly』が主治医のコメントを伝えている。

 先月30日に60歳の誕生日を迎えていたマラドーナ氏だが、体調不良を訴えたために病院にかかると、すぐに専門病院に転院。今月3日夜に手術を行っていた。

 ただし術後の経過は順調のようで、主治医のレオポルド・ルケ医師は「彼はもう退院したがっているし、明日か明後日に退院が可能かどうか、家族とも検討している。ディエゴを後押しするすべての環境を整えていくよ」と話している。

TOP