beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

国士舘大運動部員の新型コロナ陽性で運動部全体の活動が休止…現在まで9名が陽性

このエントリーをはてなブックマークに追加
 国士舘大は13日、多摩キャンパスに通学する学生が、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。現在まで9名が陽性と確認されているという。

 経緯は9日に空手部所属の学生1名の感染を確認。濃厚接触者と認定された学生を含む、同クラブ部員および指導者全員にPCR検査を実施したところで発覚した。

 なお、すべてのスポーツ協議会指定クラブおよび町田・多摩キャンパスで活動する課外活動クラブは、11月22日まで活動停止となることから、サッカー部が14日に予定していた関東1部第17節の桐蔭横浜大戦が延期となる。

 関東大学リーグではこれで、今週末、法政大(vs立正大)、駒澤大(vs専修大)、国士館大の3校の絡む3試合が延期対象となる。
●第94回関東大学L特集

TOP