beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

JFAとポケモンが“こうかばつぐん”タッグ!「エースバーン」がキッズアンバサダーに就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストライカーポケモン「エースバーン」 ※ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です

 日本サッカー協会(JFA)は13日、株式会社ポケモンと「JFA Youth & Development Programme(JYD)サポーター」契約を締結したことを発表した。ポケモン「エースバーン」のJFAキッズアンバサダー就任も決定している。エースバーンは足技が得意なストライカーポケモン。華麗なリフティングからのボレーシュートを放つ「かえんボール」を必殺技に持つ。

「JFA Youth & Development Programme」(JYD)は、「継続的な日本サッカーの発展のために、さらなる普及や次世代選手の育成を促進すること」を目的に2016年1月に立ち上がったプログラム。ユース年代のみならず、女子、シニア、フットサル、ビーチサッカー、技術関連事業、施設整備関連事業に至る、日本サッカーの基盤を支える重要な各領域において実施される施策およびそれを構成する各種大会や事業の総称となっている。

 今回JFAはポケモンと契約し、アンバサダーのエースバーンとともに、JYDの各種事業やJFAのキッズ事業を展開。JYDパートナーとの協業を通じて全国の子どもたちに体を動かすことの楽しさや喜びを伝えることで、子どもたちの健全な心身の発達を支えていく。具体的には、エースバーンが幼稚園などの巡回で子どもたちと触れあい、ポケモンやサッカーの面白さを伝え、また各種大会を盛り上げるために登場することも考えられているという。

 会見に出席した田嶋幸三会長は「ゲームやアニメの影響というのは絶大で、歴代のスーパースターに大きな影響を与えたことはサッカー界の誰もが知るところです」とその力に期待を寄せる。エースバーンをきっかけにサッカーと出会うことで「ストライカーを目指す子どもが日本中に増えていけば、ストライカーがいないと批判される日本代表ではなくなる。そういう時代が来るのではないかとすごく期待しています」と語った。

 エースバーンは得点を奪うストライカーポケモン。田嶋会長は、さまざまなポジションのポケモン登場も要望。「作ってほしいですね。GKもDFも。仮想世界の中で、世界一強いチームを作ってもらいたい」とさらなる展開も望んでいる。

TOP