beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FMが大量6ゴールで浦和粉砕!! “事故”で失点も勢い止まらずJ・サントスがハットの大暴れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FMが浦和に6-2で勝利

[11.14 J1第27節 横浜FM 6-2 浦和 日産ス]

 J1第27節が14日に各地で行われた。7位横浜F・マリノスはホームで9位浦和レッズと対戦し、6-2で大勝。4試合ぶりの白星を挙げ、連敗を3でストップしている。

 試合は立ち上がりから激しく動いた。前半2分、自陣右サイドのMFオナイウ阿道が縦パスを出すと、FW水沼宏太がワンタッチで前方に蹴り込む。FWジュニオール・サントスが巧みな身のこなしで受け、DF岩波拓也にマークされながらPA内右に進入。右足で強烈なシュートを放ち、ニアサイドを破った。

 先制した横浜FMは前半10分、右サイドの水沼がクロスを送ると、ファーに流れたボールをFW前田大然がヘディングで押し込み、リードを2点に広げる。前田は今季3得点目となった。

 さらに前半14分、DF實藤友紀の縦パスを前線のJ・サントスがフリックし、受けたオナイウが絶妙なスルーパス。PA内右に抜け出したDF小池龍太がGK西川周作との1対1から右足でゴール左に決め、早くも3-0とした。

 ところが前半31分、元横浜FMの浦和MFマルティノスからのスルーパスを、PA外に飛び出したGKオビ・パウエル・オビンナが蹴り返そうとすると、目の前のDF伊藤槙人を直撃。跳ね返りが無人のゴールに転がり込み、オウンゴールで失点を喫した。

 それでも横浜FMの勢いは止まらない。前半37分に前田からオナイウを経由し、右サイドのスペースに走る水沼につながる。水沼からのクロスをPA内中央のJ・サントスが収め、うまいコントロールから右足でシュート。GK西川に触られながらもゴール左に決まり、J・サントスは今季12得点目を記録した。

 その後、スコアが動かずに時間が経過したものの、横浜FMは後半22分に追加点を奪取する。中央でボールを持ったJ・サントスが右にパスを送り、受けた水沼がオナイウとのワンツー。PA内右から放った左足のダイレクトシュートが鮮やかにゴール左へ吸い込まれ、5-1とした。

 大量のビハインドを負った浦和は後半45分、縦への速い攻撃からPA内左のDF山中亮輔の折り返しをマルティノスが右足で押し込み、元横浜FMコンビで点差を縮める。しかし、オープンな展開の中で横浜FMは同アディショナルタイム1分、J・サントスが個人技から右足で叩き込み、6-2と相手を突き放した。

 J・サントスは圧巻のハットトリックで今季13得点目。横浜FMがゴールラッシュでホーム最終戦を締めくくった。敗れた浦和は7試合ぶりの黒星。3戦未勝利(2分1敗)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第27節1日目 スコア速報

TOP