beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

齊藤未月のスーパーロング弾炸裂!! GK谷も魅せた湘南が無失点3連勝、神戸は苦しい4連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF齊藤未月

[11.15 J1第27節 神戸0-2湘南 ノエスタ]

 J1リーグは15日、第27節を行い、湘南ベルマーレヴィッセル神戸を2-0で破った。湘南は6試合負けなしで3連勝を達成。一方の神戸は4連敗となった。

 11日に行われたG大阪戦(●0-1)から中3日の神戸は先発10人を変更。MFアンドレス・イニエスタ、DF酒井高徳、FW古橋亨梧ら主力メンバーが復帰した。対する湘南も横浜FM戦(○1-0)から中3日となったが、先発変更は1人のみ。FWタリクに代わってMF松田天馬が入り、3バックには引き続きDF舘幸希、DF田中聡、DF石原広教という173cm以下の3人を並べた。

 試合は両チームのゴールキーパーが凄まじい活躍を見せた。

 まずは前半28分、イニエスタのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したFW藤本憲明のシュートはGK谷晃生が右足を出して阻止。さらに32分、DFトーマス・フェルマーレンのヘディングクリアに再び藤本が反応したが、ボレーシュートは谷がなんとか身体を残して左足に当て、ボールは右のゴールポストに当たった。

 湘南も前半39分、MF岡本拓也のロングボールをFW指宿洋史が頭で落とし、松田からのリターンを受けた指宿がゴール至近から狙ったが、神戸はGK飯倉大樹が絶妙な飛び出しから右手一本でセーブ。そして46分、神戸は岡本とエリア内で入れ替わった藤本がまたしてもチャンスを迎えるも、力強いシュートは谷が右手で掻き出し、クロスバーに逃れた。

 湘南は前半ラストプレー、右サイドからのクロスに合わせた指宿のシュートは飯倉の横っ飛びに阻まれる。すると後半開始時、浮嶋敏監督は指宿に代わってMF中川寛斗を投入し、残り45分間での攻勢に向けてメッセージを送った。

 神戸は後半12分、イニエスタを起点とした攻撃からDF西大伍が浮き球で縦につけ、藤本がダイレクトボレーで狙ったが、これも谷がビッグセーブ。一方の湘南も15分、MF茨田陽生のシュートが飯倉に阻まれると、直後の舘のヘッドも相手GKに防がれて決まらない。31分にもMF齊藤未月のヘッドが飯倉に阻まれ、スコアレスドローも見えてきた。

 ところが最後は湘南が圧倒した。後半33分、中川のポストプレーをMF齊藤未月がつなぎ、MF山田直輝がワンタッチでスルーパスを送り込むと、岡本が神戸のハイライン裏を突破。エリア内まで持ち上がって強烈な右足シュートを放ち、ここまでビッグセーブを連発していた飯倉の手に当たったボールは勢いを失わずにゴールマウスに吸い込まれた。

 さらに後半39分、湘南は中盤の右タッチライン際で齊藤が酒井からボールを奪うと、間髪入れずに右足を一閃。高い位置を取っていた飯倉の意表を突いた50〜60m級ロングシュートがネットを揺らし、追加点を奪った。スーパーゴールの齊藤は横浜FM戦での今季初得点から2試合連発。試合はそのままタイムアップを迎え、湘南が無失点での3連勝を果たした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP