beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東福岡が2年ぶりに選手権出場! 後半終了間際にMF遠藤貴成が右足一閃の決勝弾

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第99回全国高校サッカー選手権福岡県予選は15日に決勝を行った。東福岡高九州国際大付高を1-0で破り、2年ぶりの選手権出場を決めた。

 試合は拮抗状態のまま前半を0-0で折り返すと、後半もスコアレスで終盤まで持ち越される。東福岡は何度も敵陣に迫るが、なかなかゴールが割れなかった。しかし後半終了間際に試合が動く。

 東福岡は後半40分、MF遠藤貴成(3年)がPA手前でパスを受けると、相手のマークをかわすように反転しながらゴールへ体を向ける。キックフェイントを織り交ぜながらマークをはがし、隙間を縫う右足シュート。相手GKも触れられないゴール右隅に突き刺さり、値千金の先制点となった。

 試合はアディショナルタイムが7分間取られたが、東福岡は守り切って試合終了。2年ぶり21回目の県優勝を成し遂げた。

▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP